• ホーム
  • プロペシアのジェネリックは格安で薄毛を治せる

プロペシアのジェネリックは格安で薄毛を治せる

男性にとって困った症状であるAGAが起きている人は改善のために、病院で専用の治療薬をもらっている人がいることでしょう。
男性の薄毛の対策には原因である男性ホルモンに働きかける効果のあるフィナステリドが良く、治療薬はこの成分が入ったプロペシアが処方されます。
病院で薄毛治療のための薬をもらうと大変なのが、保険がきかないので全額自腹になることです。
経済的な大きな負担をなくしたいと思っているのなら、プロペシアのジェネリックに変えることが向いています。

病院でプロペシアを出してもらうと、その薬の値段は1ヶ月分28錠として5千円以上と高い費用となります。
ジェネリックの場合に同じ1ヶ月分28錠を購入すると、その金額は4千円からとなり病院で出されるよりも安くなっています。
病院の場合は医師に診てもらう値段も必要となるので、さらにお金がかかるのでAGAの治療にはジェネリックの方が負担を軽くし薄毛が治せます。

プロペシアのジェネリックは病院で出される薬と比べても、フィナステリドが同じ量程度が配合されているのでフィナステリドが持つ効果をしっかりと持っています。
病院でもらう薬でなくてはAGAの治療効果がないのではと心配な方も、薄毛への改善作用は同じように働くので問題なく使うことができます。
注意点としてはフィナステリド配合の薬は精力や性機能が低下することが副作用にあり、ジェネリックもデメリットとして性機能低下の副作用が起きることは稀にあります。

プロペシアのジェネリックは病院でも扱っていますが、安く購入するにはネット通販か代理業者に依頼して個人輸入する方法がおすすめです。
通販や個人輸入で買うとインドのメーカーから販売されているフィンペシアも買うことができ、このフィンペシアは100錠で3千円程度なので他のジェネリックよりお得となります。
通販または個人輸入でフィンペシアを購入する際には、業者が信用できる所かチェックしてから買うことが大切です。

ジェネリック医薬品と先発医薬品の違いとは?

病院で処方されるフィナステリド配合のプロペシアは先発医薬品とされ、同じフィナステリド配合のジェネリック医薬品であるフィンペシアは後発医薬品とされています。
新薬には特許が認められている期間があるのですが、ジェネリックは新薬の特許期間が切れた後に作られています。
特許が見とれられている期間の薬か、切れた後の薬かが先発と後発の違いとなっているのです。

ジェネリックであるフィンペシアも新薬の特許期間が切れてから作られているので、プロペシアよりも値段が安くなっています。
どちらの薬にも入っているAGAの症状改善に欠かせないフィナステリドは、同じ分量で含まれているので高い薬の方が効くという違いはありません。
効果で大きな違いがあるとしたら、先発は体に早く成分の効き目が出て後発は成分の効き目がゆっくり出てくるという点です。

ジェネリック医薬品と先発医薬品はフィナステリドが配合されているので、薄毛の原因である男性ホルモンに働きかけて薄毛を改善させる効果を持っています。
それと同じく薬の副作用もあり、性機能の働きが悪くなってしまうことがあります。
フィンペシアを飲む場合にも、もしかしたら副作用の症状が起きることも頭に入れておきましょう。

先発と後発の薬は飲み方も注意も同じであり、薄毛を早く治したい人は規定の量よりも多く飲んでしまうことがあります。
薄毛の治療に使われるフィナステリドの成分は摂り過ぎると体に悪いので、1日1錠という飲み方を守ることが必要です。

効き目が先発と比べてみると遅いという点はありますが、効き目はフィンペシアもプロペシアに負けていません。
プロペシアよりも安い薬でAGAを治したいと思っている人は、ぜひフィンペシアのAGA治療効果を試してみてはどうでしょうか。

関連記事