• ホーム
  • 薄毛の原因は遺伝にある!?

薄毛の原因は遺伝にある!?

髪の毛に悩む男性

薄毛の原因はストレスや生活習慣や食生活の乱れなどが挙げられますが、遺伝が影響しているという事を一度は聞いたことがある人も多いのでは無いでしょうか。
果たして、薄毛の原因が遺伝にあるということは本当なのでしょうか。

薄毛と遺伝には大きな影響があると言えます。
特に男性ホルモンが影響している男性型脱毛症は、テストステロンという男性ホルモンの一種が特定の酵素と結びつくことで、DHTに変化します。
そのDHTが毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合すると、毛母細胞の細胞分裂を停止させることで、髪の毛の成長が停止し、抜け落ちることになります。
その為、DHTが多く生成され、アンドロゲンレセプターが多い人は薄毛になりやすい傾向にあります。

アンドロゲンレセプターの感受性については、遺伝によって決められているため、親の遺伝子の影響を受けています。
母親や父親の親類に薄毛の人が多いという場合には、薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでいる可能性が高いようです。
なお、薄毛に関連する遺伝子は5αリダクターゼという酵素の活性の高さを決めるものとアンドロゲンレセプターの感受性の高さを決めるものの2つがあります。

なお、男性型脱毛症による薄毛になる可能性のある遺伝子については、父親よりも母親からの遺伝による影響が大きいと言われています。
母方の祖父が薄毛である場合でも、女性には薄毛の症状が見られず、その遺伝子を受け継いた孫が男性であった場合には薄毛になる可能性があります。
薄毛が隔世遺伝に寄るものであると言われることがあるのもそのようなことが影響しています。

薄毛になるかどうかは遺伝の影響はゼロではありませんが、そのような遺伝子を持っていたとしても全ての人が薄毛になるというわけではありません。
生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなども薄毛に大きな影響を与えています。
その為、生活習慣や食生活を見直し、ストレスの緩和に取り組むということも薄毛や抜け毛を改善するためには重要なポイントであると言えるでしょう。

薄毛が遺伝してるかどうかを調べる方法

薄毛を発症する可能性があるかどうかは、遺伝子検査を行うことにより知ることが出来ます。
遺伝子検査の方法は病院で行う方法と専用のキットを使って自宅で行う方法に分けることが出来ます。
病院で行う方法は費用は高めですが、検査結果が的確で、場合によってはそのまま的確な治療を受けることが出来ます。

一方の自宅でキットを使用して行う方法のメリットは、費用が安く、病院に行く必要がないということです。
しかし検査結果が必ずしも正しいとは限らない、男性型脱毛症であった場合には病院で治療を受ける必要がある為、二度手間になる可能性があるというデメリットもあります。

祖父母や兄弟に薄毛の人がいたとしても、全ての人が薄毛になるというわけではありません。
たしかに、祖父母や兄弟が薄毛であると本人も薄毛になりやすい傾向にあるという事は出来ますが、遺伝子だけで全てが決まるということではありません。
生活習慣や食生活の乱れ、ストレスが大きく影響していることも考えられます。

薄毛を予防するためには、適度に体を動かし、バランスの良い食事を心掛けるということが有効です。
特に亜鉛と亜鉛の吸収率を高めるビタミンCは積極的に摂取したい栄養素でもあります。
食事から十分な量を摂取することが難しいという場合には、必要に応じてサプリメントなどを使用しても良いでしょう。

また、外部からの刺激が強いという場合も頭皮環境を悪化させる一因となります。
紫外線を浴び過ぎたり、頭皮の血行が悪くなるような状況は避けるようにしましょう。
日頃の頭皮ケアでは、頭皮を洗いすぎたり、負担をかけすぎないようにしましょう。
薄毛や抜け毛が気になるようであれば、早めに育毛剤を使用しても良いでしょう。

関連記事